ブロック塀診断で安心・安全!

ブロック塀の耐震診断で
安心・安全!

世界有数の地震大国である我が国には危険な建物が多く存在しており、国の対策として耐震改修が進められています。

しかし、特に地震対策を強力に推進しなければならないブロック塀に関しては、充分な対応とは言えないのが現実であります。

ブロック塀の倒壊による人命に関わる災害を防止する為、新規工事の安全基準の遵守、既設ブロック塀の調査点検などの活動などにより、地域の安全、環境保持が求められています。

ブロック塀耐震診断のお見積もり・ご相談

ブロック塀の倒壊により尊い命が奪われました

ブロック塀の倒壊により尊い命が奪われました

写真:時事通信社

2018年6月18日に、震度6弱を記録した大阪北部地震で、大阪府高槻市の小学校で約40mにわたってブロック塀が倒壊し、通学中の小学4年生の女児が下敷きになるという痛ましい事故が起きました。高さ3.5mのうち、上段部分がブロック8段で組まれており、違法建築の可能性があります。

ブロック塀は本来、建築基準法に定められた工事をしなければなりません。しかし、現状は基準を満たしていない危険なブロック塀が多いのが事実です。

震災時には倒壊して尊い命を奪ったり被災所に向かう避難路をふさぎ、人も物資輸送車も止めてしまうことが度々あります。

事前に点検をして危険なブロック塀を、基準に遵守した安心・安全なブロック塀にして家族や地域住民が快適な生活の出来る素敵な街づくりをしましょう。

ブロック塀の安全点検 shindan-check

小松総建のブロック塀診断

ブロック塀は定期的に検診しましょう!

ブロック塀を建ててから15年以上が経過している場合、見た目は大丈夫そうでも、
内側の鉄筋が錆びていたり、セメントが劣化して強度が低下している可能性があります。

素人ではわからない「危険信号」をブロック塀診断士が「プロの目」で診断いたします。

construction-image construction-image

診断費の目安

埼玉県内は一律

15,000
(塀の長さ100mまで)

その他のエリアは出張料 +5,000円がかかります。

(主な営業エリアは、埼玉、東京、千葉、群馬になります)

ブロック塀耐震診断のお見積もり・ご相談

ブロック塀診断士とは

地域の安全、環境保持を目的に、ブロック塀の危険箇所の調査を行い、地震等における災害を防止する。また、リフォーム需要に対応し、既設ブロック塀の診断業務を行うことを目的に【日本エクステリア建設業協会(JPEX)】が定めた資格です。

この資格制度は、平成7年10月「建築物の耐震改修の促進に関する法律」(法律123号)が制定されたのを受けて、平成10年4月、既設のブロック塀等の性能評価を行う者の資格を認定し、地域の行政庁との緊密な連携をもとにブロック塀等の危険箇所の改善の為の指導を行い、地震・台風におけるブロック塀等の災害を防止することを目的として制定された制度です。

ブロック塀診断士

※5年ごとの更新登録が義務付けられています。

※日本エクステリア建設業協会(JPEX)認定の診断士登録をしていない場合、「診断士」の資格を名乗ることは出来ません。

※診断士のための講習会やセミナー、試験、情報提供などは日本エクステリア建設業協会(JPEX)のみができることになっています。

ブロック塀診断についてのQ&A

Q1

埼玉以外のエリアでも、対応していますか?

A

東京、千葉、群馬でしたら対応しております。 
埼玉県外の場合は出張料として別途 5,000円頂いておりますので、予めご了承ください。
【ブロック診断料 15,000 + 出張料 5,000円 (税別)】

Q2

ブロック塀診断とはどのようなことをしますか?

A

目視による劣化確認、触手による強度の確認、基礎部分の劣化状態の確認、金属探知機やブロック塀コンクリート鉄筋探査機など、専用機器による鉄筋の有無の確認などを行います。

Q3

診断結果次第では、補強、解体、新設工事などできますか?

A

はい、対応可能です。
補強、補修、解体、新設など、ブロック塀の状況に合わせた提案をいたします。
※ブロック塀の規模、状態によっては補助金が使える場合があります。

Q4

補強、解体、新設工事の見積もりはしてもらえますか?

A

はい、無料見積もりいたします。
※一部破壊、再建工事が伴う見積もりは、有料になる場合があります。

ブロック塀耐震診断のお見積もり・ご相談